2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

苦渋の決断

 「芦毛の怪物」と言われたオグリキャップが亡くなった。有馬記念を2度も制する実力もさることながら、人気も高い名馬だった。競馬ファンでなくても、その名を知っていることだろう。

 「オグリキャップ逝く」

 僕は、同馬の死を朝刊の見出しで知った。「(北海道)日高管内新冠町の牧場「優駿スタリオンステーション」で右後ろ脚を骨折した影響で死んだ」と記事は続いた。

 「骨折して死ぬのか」と思われる方もいるかも知れないが、つまりは安楽死の措置が執られたのである。長年、アイドルホースを見続けてきた者達にとって、「苦渋の決断」であったことは想像に難くない。手の施しようのない状態の中、苦しみながら自然死を待つことも不幸である。「生かすべきか、殺すべきか」を議論すること自体が不毛な議論に過ぎず、競走馬として育ててきた行為そのものが、馬にとっては不幸なのかも知れない。

 酪農業では、牛や豚などを「経済動物」と呼ぶ。そして、乳量が期待できなくなった乳牛は「廃牛」という呼ばれ方をする。可愛そうだが、競走馬も経済動物に分類される。

 経済動物に携わる多くの者達が、「苦渋の決断」を繰り返す。

 それに恩恵を受けている僕らは、携わる者達の思い、そして動物達の思いを頭の片隅に入れながら生活する必要があるだろう。
スポンサーサイト
2010..07 スポーツ comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://shimokawamachitao.blog106.fc2.com/tb.php/12-9b8a8f3e

プロフィール

下川町太扇(しもかわまちたおう)

Author:下川町太扇(しもかわまちたおう)
カリスマ・ブロガー完全復活!!
お気に入りに再設定を!!
定期更新から楽な不定期更新へ!!
ブログロード第2章開幕!!

【トップ写真】
龍安寺(京都) 下川町太扇撮影

カウンター

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。