2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

朝青龍

 元横綱・朝青龍の引退相撲断髪式が行われた。

 良くも悪くも存在感のある横綱だった。そして、僕が好むタイプの力士で、小兵力士としてのハンデをスピードで補う土俵裁きが魅力的だった。何よりも、気合いを全面に出した取り口が好きだった。

 1人横綱として国技を守り続けてきた外国人力士に対して、日本人は非常に冷酷だった。彼の言動を許す「寛大さ」に欠けていた。日本中がバッシングの嵐で彼を包んでしまった。

 大相撲を知らない者までもが、「横綱としての品格に欠ける」と批判を繰り返した。「品格」という曖昧で便利な言葉を盾に、彼を批判することで自己満足しているように見える者さえいた。

 夏巡業を休場してサッカーに興じた。土俵上でのガッツポーズやダメ押し。少なくとも、日本中がバッシングするほどのことではなかった。特に「土俵上でのガッツポーズやダメ押し」については、一体、何に問題があったのか未だに分からない。

 「生まれ変わったら、大和魂を持った日本人の横綱になりたい」

 日本中でバッシングを受けたにもかかわらず、日本人を愛し、大相撲を愛した元横綱の発言に感動した。
スポンサーサイト
2010..05 スポーツ comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://shimokawamachitao.blog106.fc2.com/tb.php/32-acf10738

プロフィール

下川町太扇(しもかわまちたおう)

Author:下川町太扇(しもかわまちたおう)
カリスマ・ブロガー完全復活!!
お気に入りに再設定を!!
定期更新から楽な不定期更新へ!!
ブログロード第2章開幕!!

【トップ写真】
龍安寺(京都) 下川町太扇撮影

カウンター

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。