2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

日本馬初制覇

 ヴィクトワールピサ(牡4歳)が、世界最高レースであるドバイ・ワールドカップで日本馬初制覇を成し遂げた。2着には、トランセンド(牡5歳)が入り、日本馬がワンツーフィニッシュを飾った。

 「ドバイの悲劇」として、今でも競馬ファンに語り継がれているホクトベガの死から10数年余り。日本の若きエースがドバイの地で頂点に立った。

 ヴィクトワールピサを筆頭に現4歳馬の評価は非常に高い。今レースでも改めて、この世代のレベルの高さを思い知らされた。同世代の日本ダービーを制したエイシンフラッシュ、NHKマイルカップをレコード勝ちしたダノンシャンティ、天皇賞(秋)2着馬のペルーサ、有馬記念3着馬のトゥザグローリー、日経新春杯を制した超良血馬のルーラーシップなど、現在の日本競馬を牽引する名馬が同世代にこれだけ揃うのも珍しい。

 そして、この世代にあって、僕が最も期待するローズキングダム(朝日杯FS1着、東京優駿2着、菊花賞2着、ジャパンカップ1着)を含めて、日本の若きエースを決する今後の争いが面白くなってきた。

 その意味では、ドバイ・ワールドカップを制したことで、ヴィクトワールピサが1歩リードしたことは確かである。
スポンサーサイト
2011..27 競馬 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://shimokawamachitao.blog106.fc2.com/tb.php/57-b7ee9085

プロフィール

下川町太扇(しもかわまちたおう)

Author:下川町太扇(しもかわまちたおう)
カリスマ・ブロガー完全復活!!
お気に入りに再設定を!!
定期更新から楽な不定期更新へ!!
ブログロード第2章開幕!!

【トップ写真】
龍安寺(京都) 下川町太扇撮影

カウンター

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。